頻出問題【一肢一答】で攻める短答 商訴行政編 DVD R-662R
sale
5f6c2634b5b1086f04c64464

販売期間
2021/03/18 00:00 〜 2021/04/29 23:59

頻出問題【一肢一答】で攻める短答 商訴行政編 DVD R-662R

¥7,600 税込

送料についてはこちら

※本講座はいずれも2015/11/26 までに収録されたものです。 予備試験短答も合格さえすればOK ではなく論文も見据えた対策を。 いつ受けても手堅く短答に合格できる安定した基礎力が必要。  予備試験短答では全7科目+一般教養とその学習の負荷は司法試験短答の比ではありません。でも、司法試験短答にはない【商訴行政】を学習する必要性があるのであればこれを負担と考えず逆に予備試験論文ひいては司法試験論文につながる安定した基礎力養成の意味でも短答でしっかりと学習すべきであるといえます。  正しい方向での【商訴行政】の短答学習はその後の論文学習にもつながり他の受験生との実力差を広げることができる要因となります。  本講座【商訴行政】でも10年の蓄積のある短答過去問(H27予備試験問題含む)を素材とし講座を担当する合格者が解いておくと非常に効果の高い問題をピックアップ(※)しました。  どのようにすれば本番での合格点+α(予備・司法試験での論文基礎力)を獲得できるのか、実際に予備短答8 割得点を獲得した合格者の思考と理解をトレースしてください。 ※本講座【商訴行政】では商法(会社法を中心に)9問・民訴法9問・刑訴法9問・行政法9問を合格者自らがピックアップして1問10分程度、「一肢一答」でスピーディーに解説していきます。また、講師作成【短答肢別解法レジュメ】にて短答高得点合格者の知識の押さえ方・理解の仕方を確認できます。 <講師プロフィール> 2015年司法試験合格者 早稲田大学法学部卒業後、東京大学法科大学院既修者コースに進学。東京大学法科大学院既修者コース2年在学中(2014年)に予備試験合格、3年在学中(2015年)に司法試験合格。 本年(2015年)の司法試験では総合25位(1111.5点)・論文37位(542.88点)・短答66位(161点)という素晴らしい成績を修めてみごと受験1 回で合格、前年(2014年)の予備試験では口述17位(122点)・論文84位(243.78点)・短答34位(216点)という上位安定の成績で合格した実力者。 大学時代はボクシング部に所属し副主将として汗を流す傍ら、法曹を目指し日々研鑽を重ねるという努力家の一面を持つ。 ★EショップでDVDを購入の場合、おまとめ割引・受講生応援割引はご利用いただけません。 【講師】平成27年司法試験合格者 【時間】6 【教材】・講師セレクト短答問題集 ・講師作成【短答肢別解法レジュメ】