『出題予想』+『危ない基本』論点インプット講座 公法系12時間 DVD R-664R
sale

販売期間
2021/06/05 00:00 〜 2021/07/04 23:59

『出題予想』+『危ない基本』論点インプット講座 公法系12時間 DVD R-664R

¥14,200 税込

送料についてはこちら

※本講座は2015/11/26 までに収録されたものです。 若手超短期合格者の試験に強い感覚から導き出される 「出題予想」危ない基本論点の「うまい」理解の方法論を一気呵成に聴きまくる。  本講座は論文で必要な各法系(公法系、民事系、刑事系)につき、大学4 年在学中予備試験合格、大学卒業当年に司法試験一発合格者が担当します。  その合格者の総力をあげて検討した結果、基本的でかつ来年(2016年)に出題可能性の高い今のうちに理解しておかないと非常に危ない論点を洗い出し整理しました。  本講座では、以下の論点について基本知識を習得した後、事例問題を検討し、実践的にインプットしていただきます。また、平成27 年論文公法系の講師再現答案もお示しします。  単に「この判例はこう理解したらよい」や「この学説はこう整理したらよい」ではなく、インプットすべき判例や学説の理解をどのようにすれば試験問題を解く際に武器として使いこなせるのかを考た講座設計です。 ■憲法の主な論点・テーマ ※下記はあくまでも予定です。講義実施時には予告なく変更している場合がありますので予めご了承ください。 ●表現の自由(21 条) ●信教の自由(20 条) ●財産権(29 条) ●自己決定権(13 条) ■行政法の論点・主なテーマ ※下記はあくまでも予定です。講義実施時には予告なく変更している場合がありますので予めご了承ください。 ●処分性 ●原告適格 ●本案上の主張 ※行政法はテーマを上記3 つに絞った上であらゆる視点・角度から出題される可能性を考慮して1つのテーマで複数の事例形式の問題を扱います。 <講師プロフィール>  慶應義塾大学法学部4 年在学中(2014 年)に予備試験合格、大学卒業後(2015年)に司法試験合格。  本年(2015 年)の司法試験では総合89 位(1056.00 点)・論文101 位(515.58 点)・論文公法系100 位(138.00 点)・民事系785 位(173.66 点)・刑事系67 位(140.09 点)・選択科目(倒産法)85 位(63.82 点)という素晴らしい成績を修めて見事受験1 回で合格した実力者。 <講師メッセージ> 公法系が苦手な司法試験受験生は多いと思います。私も司法試験直前まで公法系に苦手意識を感じていました。その中でも、憲法は判断枠組みの設定の仕方、行政法は処分性、原告適格の具体的な当てはめや本案上の主張の組み立て方について、特に苦手意識を感じているのではないでしょうか。本講座を通して、これらの苦手意識を払拭できればと思っております。  本講座は、インプット講座ではあるものの、ただ基本知識を習得するだけでは、司法試験を解けるようにはなりません。 最終的にどうアウトプットすれば良いか分からないままでは、司法試験を解けるレベルのインプットを行ったことにはなりません。問題演習を通して初めてインプットすべきことが分かるといえます。そこで、本講座では、基本知識を講義した後に事例問題(憲法、行政法合わせて10 問程度)を検討することを通して、より実践的なインプットを行っていただくつもりです。 ★EショップでDVDを購入の場合、おまとめ割引・受講生応援割引はご利用いただけません。 【講師】平成27年司法試験合格者 【時間】12 【教材】・若手検討チームによる出題予想基本講義レジュメ